頬のニキビに効く4つのビタミンと食べ物を紹介

頬のニキビは食べ物によって治すことも、予防することも出来ます。頬にできるニキビは出来たと思ったらしつこく残り、なくなったと思ったら跡が気になったり、再発したりとなかなか面倒な悩みといえます。

頬のニキビに関しては悩んでいる方も多くいると思います。目立つ部分ですし、長引いたり、ニキビ跡に苦戦したりとなかなかの強敵です。

ですが、その悩みは4つのビタミンを知っておくだけで、その改善を行えるんです。それぞれのビタミンが含まれているその食べ物に注目して、見ていきましょう。馴染み深い食べ物ばかりなので、早速挑戦です。

食べ物から改善するための4つのビタミンを紹介

頬のニキビに食べ物から採れる栄養で改善するという方法。それに必要なビタミンに一つ目は、「ビタミンB2」です。ビタミンB2は皮膚の過剰な分泌を抑制する効果があります。これによって、ニキビが出来る環境を作りだしましょう。食べ物としては魚肉ソーセージ、焼き海苔、鶏卵などで取ことが出来ます。

頬のニキビに効く食べ物の二つ目として肌に悪いストレスの緩和してくれる「ビタミンC」も注目しましょう。ミカンやレモン、いちごなどの果物をはじめ、ほうれん草やブロッコリーに多く含まれているため、これらを意識してみましょう。

頬のニキビを食べ物から解消する三つ目の方法としてホルモンバランスの乱れもチェックです。これを調整してくれる成分として、「ビタミンE」が有効。たらこ、モロヘイヤ、カボチャに多く含まれており、血液循環やアンチエイジングまで見込めるので、これは是非食べておきたいものです。

頬のニキビを食べ物から解消する最後のビタミンは、ニキビ跡の原因となるチロシナーゼの抑制を行う「ビタミンB6」。肉類ではとりのささみや牛のレバー、魚類ではクロマグロやさけ、ぶり、いわしなどに多く含まれてるようです。

これら4つのビタミンは、効果的に頬のニキビを無くして、美肌を目指す基礎になってくれるでしょう。是非、食生活に注目してみてください。

ニキビができにくい体質にする食べ物

レバー

ニキビは、内蔵が悪いと出来ることもあります。そこで、血行をよくしてくれる「鉄分」が必要になり、血行が良くなると体調をととのえてくれたり、内蔵の冷えも押さえて、活発にしてくれるんです。

その「鉄分」を多く含んでいるのがレバー。今生で食べると食中毒がおきるので、加熱殺菌したものが多いですが、鉄分は加熱しても大丈夫。レバーの味が苦手の方は、ショウガと一緒に甘辛煮込みにすると味が薄れるのでオススメ。

レモン

レモンにはビタミンCがたっぷり。オススメはレモンのはちみつ漬けをハムとレタスを一緒にトーストに挟んで食べること。私の味覚がおかしくなければ、結構おいしいですよ。

キウイ

今注目のキウイフルーツ。栄養価が高いバナナより、食物繊維やミネラル、ビタミンが多く、美容にすんごくいいフルーツ。ヨーグルトと一緒に食べるのがオススメ。

鳥肉

牛肉よりヘルシーな鶏肉にはゼラチン質が豊富で、たんぱく質も豊富。ダイエットにも効果的で、乾燥したお肌を保湿してくれるんです。

他にもビタミンが豊富だから、目の疲れやホルモンバランスを整えてくれるのでオススメ。煮込む料理にすると余計な油を採らなくてすむからトマトと一緒に煮込むのがオススメです。

頬のニキビに効くサプリ

頬のニキビについて、食べ物からの改善に注目し、ご紹介しました。こういったビタミンなどの効果を知ることで、しっかりと予防や、悩み解消に繋げることが出来ることにも注目してみてはいかがでしょうか。

また、こういった食生活の調整が厳しいという方はサプリメントを利用するという方法もあります。ビタミンを含む美容サプリなどでのお肌のケアを内側から行うこと等によってもしっかりと頬のニキビの改善を早めてくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です