仕事中にマスクつけっぱなしで肌荒れ!冬の悩みの種を減らす方法

仕事にマスクをつけていくことが多くなる冬のシーズン。最近どんどんマスクをつけた人を見るようになりました。ですが、マスクを付けることによって、肌荒れに困ってる方も同時に多くなってきました。

仕事にマスクをつけていきたいけど、肌荒れも心配、という方のために、その原因を詳しくチェックしていきましょう。

マスクによって肌荒れが出来るその原因として、「摩擦による刺激」「繊維が合わない」「ムレてしまう」「抗菌剤でのアレルギー」があります。

マスクをつけるときに肌荒れを防ぐポイント

仕事にマスクをつけて行っても肌荒れを気にしないその方法は、一つ目に素材を気にしてみましょう。繊維による肌荒れは、ガーゼ素材のマスクが効果的。毎日洗うという手間がありますが、負担が少なく肌荒れが起こりにくくなります。

また、耳も痛くて長時間つけてられない!というあなたは、ゴムひもが太めのマスクをオススメします。負担が軽くなるのでオススメです。

仕事でマスクをつけっぱなしにするというのも肌荒れの原因となります。休み時間などで時々マスクを外して肌に呼吸させましょう。ニキビは通気性の悪いところが大好き。マスク内で繁殖してしまう可能性を予防という理由で、これも知っておきましょう。

マスクをつけても肌荒れが起こらないためのケア方法

仕事にマスクをつけていき、肌荒れが起こらないようにするためには、元々ニキビがある方に対しても、。刺激によって悪化するということがありえます。

なので以前からの体のケアも含めて、トラブルを回避するという考え方も重要です。そういった時に頼りたいのは、効率的に成分を吸収できるサプリメントが手っ取り早い手段としてあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です