乾燥肌はニキビの原因!正しい洗顔と保湿の知識

乾燥肌はニキビの原因になるのはなぜ?乾燥肌がニキビの原因になるのは、一体なぜなのか?乾燥肌ニキビの原因は、保湿を失うから。

乾燥した肌に元々あった外側から受ける紫外線や細菌からの攻撃を防ぐバリア機能が、低下して炎症を起こしてしまうからなんです!

乾燥が原因でニキビができた場合、油分で炎症したニキビよりも、治りが遅く、また発症する場合があるので、外側からも内側からも注意が必要です。

乾燥肌が原因でニキビができる他に、最悪の場合メラニンと言うシミ、黒ずみの原因が活性化して皮膚病への道にもつながり、活性化がどんどん進めば皮膚がんにもなって大げさにいえば死んでしまうなんてこともあるらしいので、時にシミ、黒ずみが気になる方はお医者様に相談したほうがいいかもです。

乾燥肌はニキビ以外にもシワやタルミといった皮膚の老化をも引き起こすので、女性にとっては美白肌への妨害に繋がるので注意してケアしていきましょう。

乾燥肌ニキビを治すには

乾燥肌ニキビはどう治していけばいいのか?乾燥肌でニキビが原因でできるのは、表面の肌から水分が蒸発して”乾燥”していまうから。

乾燥は、保湿、つまり水分を毎日ペットボトル500リットル以上を十分にとっていけば治るんですが、人間はほぼ水でできていて、体温を下げるために汗をかいて一日ペットボトル数本分は抜けたり、余分な物を出すために水分を使って押し出そうとするので、毎日必ず不足するんです。

そこで、乾燥を保湿する水分を守るのが”油分”乾燥肌に油分ってなると、油分ってかえってニキビを悪化させるんじゃないの?ってなるかもしれないんですけど、要は油分と水分のバランスが大事なんです。

乾燥を保湿で防ぐには、表面の皮膚から水分を蒸発しないように乳液や油分の多い保湿乳液でコーティングすればいいんですけど、さっき言ったみたいにバランスが大事なんで、べたつきが気になるオイリー肌の人は、油分少なめのオイリー肌専用の乳液、美容液があるので試してみて下さい。

乾燥肌や乾燥肌ニキビのある人は逆に、油分を多くしないと水分が抜けてってしまうので、自分の肌質に合わせた保湿できる乳液、美容液を選ぶのがベストかもです。
乾燥肌かオイリー肌なのかわからない場合は、一回軽く水に濡らしたコットンなのでおでこやホホに乗せて5分から10分まって渇き具合を見て、メッチャ乾燥してたら乾燥肌って具合に分かるので試してみて下い。

乾燥、オイリー肌以外にホホから上はオイリー、下は乾燥と複合している場合があるので複合している場合は重点的に治したい部分の乳液、美容液をオススメします。

乾燥肌ニキビは洗顔方法で改善できる

乾燥肌や乾燥肌ニキビのある人は、洗顔の方法でも変わってくるんです。乾燥肌用の保湿成分配合の洗顔フォームを選んで、一日2回朝と夜に洗うのがベストですが、最近は泡洗顔でしっかり落とすのが主流で、汚れをしっかり落とすのも大事ですが、力いっぱい洗うと顔を傷つけて悪化したり、油分を余計に採ってしまうこともあるんで、顔に優しく泡をなでるかんじで洗って、熱すぎるお湯だと油分が余計におちて、冷たすぎると油分が固まって取れにくいからぬるま湯で落とすのがいいです。

乾燥肌や乾燥肌ニキビが改善した後は、繰り返しできない様に、継続して保湿を維持できるように保湿成分配合の洗顔フォームか、洗顔した後化粧水で肌を整えた後に使う保湿乳液を肌質に合わせて買い替えるのをオススメします。

乾燥肌ニキビに効く保湿方法

乾燥肌、ニキビは保湿が大事。乾燥肌、ニキビは保湿で改善してくれると言いましたが、実際保湿ってどうしたらいいの?なんて思う人いませんか?

乾燥に効く保湿と言うのは皮膚の表面ではなく深層部分まで浸透することが大事なんです。

乾燥に効く保湿はこの3つ
表面の水分の蒸発を防いで潤す
肌の深層部分の乾燥を防ぎ潤す
潤いを閉じ込める

この3つが、乾燥肌やニキビにとって重要で、この3つが揃わないと、ケアするのが難しいんです。

乾燥肌ニキビを防ぐ成分

乾燥肌やニキビを保湿で保つには”ヒアルロン”っていう皆さんが良く耳にする成分が必要不可欠なんですけど、ヒアルロン酸には種類があって、良く手にする化粧品の中には皮膚表面までしか浸透しない商品もあるんです!

乾燥肌やニキビを保湿してもすぐ元に戻るのは、奥まで浸透せずすぐ蒸発してしまうからで、乾燥やニキビを防ごうとするにはより高い保湿成分を配合した化粧品が必須なんですね。

乾燥肌やニキビを防ぎ保湿をより長く続けることができるのが
ナノセラミド→肌の浸透を高めてくれる。
ヒアルロン→潤いを閉じ込めてくれる。
スーパーヒアルロン→肌表面を潤してくれる。
加水分解ヒアルロン→肌の深層部分を潤してくれる。
なんです。

乾燥から保湿で守るこの4つの成分、保湿4大成分が入った商品が今注目されてるんです。乾燥肌やニキビをケアしてくれるだけでなくて、顔より皮膚が厚い背中のニキビまでケアしてくれるので、すっごいオススメです。

ニキビにはやっぱり洗顔!肌の種類と効果的な洗顔方法

ニキビができにくい肌にするためでもニキビができてしまった後にでもニキビには洗顔が一番大切です。肌の種類は大きく分けて4つ。敏感肌、オイリー肌、乾燥肌、複合肌。肌の種類を事前に知ることで、ケアの仕方は断然アップしますし集中的に対策ができます。肌の種類に合った洗顔方法を紹介します。

びんかん肌

肌がすぐ荒れたり、化粧水ですぐにピリピリ、ヒリヒリするのは敏感肌の証拠。肌が敏感な人はニキビができたあとのケアが大変。ニキビ用の洗顔に化粧水を買ったのにさらに赤いニキビができたりなんてことも。

肌が敏感だと、添加物のケア商品や殺菌作用のケア商品を使っても悪化させる場合があるので注意。

肌が敏感な人は、無添加の刺激の弱い洗顔フォームか、弱酸性の洗顔フォームがオススメ。肌が敏感の場合、洗い方も大切で。ゴシゴシ力ずよく洗わないと汚れが落ちないっと思っている人のも知って欲しいんですが、力まかせでも毛穴に入った汚れは落ちにくいので、クリーム泡洗顔などの泡が多いもので優しく肌をなでてください。泡は細かいほど、毛穴に届いてしっかり汚れを落としてくれるので、力は必要ないんです。

オイリー肌

肌がオイリーな人は汗っかきか、毎日化粧をして夜落とせずにいる人。生活サイクルが乱れてる人に多い。肌が油っぽくて、洗顔してもベタベタだったり、あぶらとり紙を常備して額や、鼻の頭を拭き取ったり、汗で化粧が流れるから直す回数が増えがちなんてことも。

肌がオイリーだと、汚れも付着しやすいので、ニキビや肌トラブルを引き起こしやすいので注意。

肌がオイリー肌の人は、汚れが付着しやすいので、洗顔をこまめにするのが良いですよ。でも、しすぎると、必要な皮脂もとれてしまうので、朝と夜の二回にわけてするのがベストです。あと、オイリー肌専用の洗顔や化粧水などが最近売っているので、使うと良いですよ。

乾燥肌

肌が乾燥してると、なんだか化粧ののりが悪かったり、化粧水や保湿乳液を使っているのに、すぐカサカサするなんてことも。肌の乾燥は、シワやシミの原因や、肌ダメージを悪化させるので注意。

肌が乾燥している場合は洗顔するとさらに乾燥していまうので、保湿力たっぷりの洗顔や化粧水、乳液を選ぶといいです。
肌の保湿を保つことで、乾燥からまもったり、傷つかないようになるので、ニキビやトラブルを防ぐことが出来ます。

複合肌

肌にはそれぞれの親からもらった性質を受け継ぐ場合があるので、顔半分は乾燥するけど、下半分はオイリーだったり、乾燥しやすく敏感なんてことも。

日本人のほとんどは複合肌の人が多いと聞くので、皮膚科のお医者様に相談するか、自分で化粧品やケア商品をずっと一緒の物を買うのではなく。肌に合う物にその都度、替えていくのがオススメです。

肌が複合しているな、って思った人は、まず、美白にしたいのか、トラブルを防ぎたいのかを選んで、それに見合った洗顔化粧品を選ぶのが良いですよ。最近は複合肌にあう洗顔や化粧品が売られてますが、そんなに数があるわけでもないので、ケアしたい方法に合わせて選ぶのがベストです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です