乾燥で顔がカサカサ!保湿しているのに乾燥するワケ

乾燥で顔がカサカサになりやすい乾燥シーズンが到来です。顔が乾燥してしまうと過剰な皮脂分泌を招いたり、角質が硬化し毛穴に詰まりやすくなったり、更には化粧のりが悪くなったりなど、乾燥は肌にとって何にも良いことがありません。

でも顔が乾燥しないよう化粧水で保湿をしているのにも関わらず、顔が乾燥しちゃう。なんて人は少なくないと思います。ですが乾燥で顔がカサカサになる方は、なんと負の乾燥スパイラルに陥っている可能性が。

乾燥を招く過剰な洗顔やクレンジング

乾燥で顔がカサカサする人は、毎日行なっている過剰な洗顔・クレンジングによるものかもしれません。いくら乾燥対策として洗顔後に保湿を行なっていても、肌に必要な油分などを取り除いてしまっては、肌の再生機能、バリア機能が上手く機能しなくなり、肌の乾燥が抑えられなくなります。

乾燥で顔がカサカサしている方は、洗顔時に顔をごしごし洗ってはいませんか?クレンジングで化粧が完全に落ちきるまで強くこすったりしてはいませんか?それ全部顔の乾燥を招く間違ったやり方なのです。

乾燥を加速させる肌機能の低下

乾燥で顔がカサカサする人は、顔の肌機能が低下している可能性が高いです。肌は通常、水分を保持しようとするセラミドという成分や、肌の水分の蒸発を抑えてくれる皮脂などによって、乾燥を防いでくれる機能があります。

しかし過剰な洗顔や、クレンジングによって、セラミドなどの成分がごっそりと洗い流されてしまうので、顔の乾燥を防ぐ肌機能が上手く機能せず、乾燥しやすい肌ができあがってしまうというわけですね。

そして様々な肌トラブルを招く

乾燥を防ぐ肌機能が上手く機能せず、肌の乾燥が進むことで、様々な肌トラブルを併発してしまいます。肌の乾燥を補う為に過剰な皮脂が分泌され、油ギッシュ、ニキビ肌に。肌の乾燥により、肌の再生機能ターンオーバーのリズムが狂い、シワやシミのもとに。

乾燥は、肌がもともと持っている保湿機能・バリア機能が低下することにより、引き起こされるのですね。

乾燥対策は洗顔とクレンジングの見直しから

乾燥対策に保湿ケアだけでは不十分。いくら保湿ケアを行なっても、乾燥から守るための肌の保湿機能・バリア機能が正常に働いていないと、肌の乾燥を防ぐことはできないのです。

乾燥対策として、その肌の保湿機能・バリア機能を損なわせない、正しい洗顔とクレンジングのやり方を身に付けることで、乾燥知らずの肌を手に入れることができるでしょう。

クレンジングでメイクを落としきる必要はない

乾燥対策として、クレンジングによる肌への負担を減らすことが重要になります。クレンジング剤の洗浄効果は非常に強力で、メイクと一緒に肌の保湿成分「セラミド」まで溶かしだしてしまうので、できるだけ短時間で済ませる必要があります。

ただ目元のメイクのマスカラなどは、そうかんたんには落としきれないので、ポイントメイクリムーバーを使い、先に落としておきます。そして乾燥しないためにも、できるだけ60秒以内でクレンジングを手早く行なうようにしましょう。

強くこすると保湿成分セラミドが余計溶け出してしまうので、馴染ませるかたちでやさしくクレンジングを行なっていきましょう。ここでメイクが少し残っていても大丈夫。残りは洗顔にてしっかりと落としてやりましょう。

洗顔は泡を肌にのせるかたちで行なおう

乾燥対策として、洗顔時に肌に余計な刺激を与えない事も重要です。洗顔時はあわ立てネットでもっちりとした泡を作り、肌にのせるかたちで洗ってあげましょう。

皮脂のしつこいTゾーンに到ってもこすってはダメ。泡を馴染ませるようにやさしく洗ってあげます。

肌をいたわったケアでもち肌に

肌に余計な摩擦、刺激を与えずやさしく洗って上げる事で、保湿成分のセラミドや、同じく保湿に必要な油分の流出を抑えられます。それによって、肌の持つ水分保持機能、バリア機能を余すことなく発揮できるので、乾燥に強い肌になることができるでしょう。肌をいたわった乾燥対策ケアで、乾燥知らずのもち肌はつくれるのです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です