ニキビの原因は皮脂だけではない?ニキビを治すために押さえるべきこと

ニキビの原因と言えば、世間的に皮脂の過剰分泌によるものだと認識されていますよね。確かに、皮脂が過剰に分泌されがちな10代の頃は、1番ニキビができやすい年代だとも言われていますよね。

しかし、発生するニキビの原因は、皮脂によるものだけではないのです。20代を超えて、過剰な皮脂分泌も収まってきたのに、何でまたニキビに悩まされているのか。と疑問に思うことも少なくないと思います。そう、それは皮脂意外にも、ニキビを発生させる原因があったからなのです。

ニキビはできる場所によって原因が違う!あなたのニキビの原因は?

ニキビはできる場所によっては、ニキビができる原因、そして意味など、その特徴が異なってきます。「ほほばっかりにニキビができる」「近頃口周りのニキビがひどい」「なぜおでこにニキビが?」というように、ニキビに悩む人は、それぞれニキビができる場所も異なるでしょう。ニキビができた場所別で、できた原因などを探ってみましょう。

ほお

ほおは角質が厚くなりやすい部位。ニキビができるとクレーターのように跡が残り易いのが特徴。原因としては、ホルモンバランスの乱れによるものが大きいようです。なお、ほおニキビができると、消化器官にあたる胃腸や肝機能の低下が考えられるそうですよ。

鼻は、皮脂の分泌量の多い、いわゆるTゾーンと呼ばれる部位。過剰な皮脂分泌による、皮脂の毛穴詰まりを引き起こしやすい部位となります。鼻には、細菌が好む皮脂が多いこともあり、細菌の繁殖で化膿し炎症したニキビができやすいのが特徴です。

おでこ

おでこは汚れや刺激に晒され易い部位。シャンプーのすすぎ残しや、整髪料をつけた前髪による汚れや刺激がニキビを発生させる主な要因となっています。

あご

あごは内面的な要因によるものが多いようです。ホルモンバランスの乱れ、体温の低下、そして過剰なストレスによってもニキビが発生しやすくなるのが特徴。

口周り

口周りはあごと同様、内面的な影響が大きい部位です。ストレスによるホルモンバランスの乱れ、ビタミン不足が要因として考えられます。ほおと同様で胃腸トラブルの可能性があるようですよ。

ニキビは毛穴が詰まることで発生する

ニキビの原因は、大本を辿れば毛穴が詰まってしまうことにあります。原因の1つである過剰な皮脂に到っても、皮脂が毛穴に詰まることでニキビを発生させる要因となっているのです。

毛穴を詰まらせる古い角質

ニキビの原因として皮脂はもちろんですが、古くなった角質に到っても、毛穴を詰まらせ、ニキビ発生を招く原因の1つなのです。思春期を過ぎた後の、大人ニキビに悩む方には、多く該当する要因の1つだと考えられます。

角質とは表皮の不要になった細胞のこと。この不要な角質を取り除いてあげないと、毛穴を詰まらせる要因となってしまいます。皮脂と同時に角質ケアも行なう必要があるということですね。

肌の乾燥も毛穴を詰まらせる要因の1つ

ニキビの原因として、古くなった角質が毛穴に詰まる、というのも要因の1つだと紹介しましたが、肌の乾燥に伴い、この症状は顕著にあらわれます。

肌が乾燥すると肌は、低下したバリア機能を補填しようと、角質を固くしてしまいます。その結果更に毛穴が詰まりやすくなるというわけですね。

ニキビを治すために押さえたい4ヶ条

ニキビを治すには、次に挙げる4ヶ条を押さえることが重要になります。それは、「正しい洗顔」「適切な肌ケア」「正しい栄養管理」「適切なホルモンバランス」の4つ。

ニキビはできる場所によっては発生要因が異なってきますが、ニキビのない肌を目指すのなら、全ての要因をカバーしておきたいところ。では順番に見ていきましょう。

正しい洗顔

ニキビを治すためには、正しい洗顔のやり方を身に付ける必要があります。ニキビを治したいが為、スクラブ洗顔などでごっしごっしと洗ってはいませんか?そんなことをすると、肌にある程度必要な油分(保湿・バリア機能を果たす)までも取り除いてしまいますよ。

洗顔する際は、過剰な皮脂や角質を取り除きつつ、肌にある程度の油分を残しておく必要があります。なので、キメ細やかな泡でやさしく肌を洗ってあげましょう。手で肌をこするのではなく、泡で肌をこするよう意識して洗うようにしましょう。

適切な肌ケア

ニキビを治すのに、適切な肌ケアは欠かせないでしょう。洗顔したあとそのままにしておくと、肌の乾燥が進み、過剰な皮脂分泌を招きかねません。乾燥肌の人はもちろんですが、脂性肌の人は保湿の重要性を軽視しがち。

肌は乾燥すると、肌の水分を保つ為、過剰に皮脂を分泌してしまう働きがあります。なので脂性肌に到っても、肌の保湿は非常に重要なのです。洗顔後は肌の乾燥を防ぐ為にも、化粧水や乳液などで保湿ケアを入念に行なっておきましょう。

正しい栄養管理

ニキビを治すには正しい栄養管理も重要です。美肌に欠かせない栄養素で知られるビタミンB群。ビタミンB群の素晴らしい美肌効果をご存知でしょうか?ビタミンB群には、肌を新しく生まれ変わらせるターンオーバーを促進する効果や、皮脂の分泌をコントロールしてくれる効果があります。

これにより、過剰な皮脂分泌や、古い角質の毛穴詰まりを防いでくれるので、ビタミンB群は積極的に摂取しておくようにしましょう。サプリメントでなら比較的手軽に摂取できるのでおすすめです。

適切なホルモンバランス

ニキビを治す上で決して無視はできないホルモンバランス。ホルモンバランスが乱れると、体温の低下や、肌のバリア機能の低下、過剰な皮脂分泌、といった症状に表れます。ホルモンバランスの乱れは、まさに美肌の大敵なのですね。

ホルモンバランスを乱す要因として、栄養不足、睡眠不測、過剰なストレスなどが挙げられます。きちんとした栄養管理の下、早寝早起きを心がけ、なるべくストレスを溜め込まないよう意識する必要がありますね。

ニキビの種類と対策

ニキビは人によっては赤くなったり、白くなったり、黒くなったりと色々。自分のニキビを知ることで細かなケアができて、ケア後もできない様に前もって対策ができます。

ニキビの種類を今回は大きく分けて5つ紹介していくので、自分にできたニキビがある人は、どの種類なのか確認しながらどうぞご覧ください♪

赤ニキビ

ニキビが赤くなるのは、皮膚表面のあぶらが必要以上に分泌されたり、古い角質や汚れが毛穴に詰まっていくことで、ニキビの原因菌であるアクネ菌がすごく増えることによってできるんです。

ニキビの原因であるアクネ菌は、元々肌に付着していて、数が少なければ問題ないんですが、異常に増える原因ができれば、アクネ菌が肌に炎症を起こして赤くなるというワケです。

ニキビが赤くなると、更に悪化したり、跡が残りやすいのでむやみに触ったり、つぶすのはかえって治りにくくなるのでやらないようにしてくださいね。

赤いニキビはアクネ菌の増殖が原因なので、殺菌作用のある洗顔フォームを使ってください。洗顔した後は毛穴は開いた状態なので、閉じるために化粧水でしっかり肌を引き締めて、汚れや油が詰まらないように乳液でガードしてください。乾燥肌のひとは毛穴が開きっぱなしになるので、乾燥させない為に保湿をしっかりすることが大切です。

白ニキビ

ニキビが白くできるのは、毛穴にあぶらや角栓が詰まるからなんです。寝る前には肌になんにもできてなかったのに、朝起きて鏡を見たら白いできものができてなんてことなかったですか?

ニキビが白くできる場合は、自分でもケアを工夫すれば治すことができます。白にきびはつぶすと、そこから炎症したりして、悪化したり、変に跡がのこるので、これも無理に潰さずケアしていきましょう。

白ニキビは主に毛穴につまった油なので、毛穴のよごれや油をしっかり洗うことが大切です。洗顔石鹸で良く泡立てて優しく洗いながすといいですよ。

黒ニキビ

ニキビが黒くなる場合は、毛穴に詰まったあぶらが空気の中にある酸素に触れて、酸化したことでできます。黒ニキビは白ニキビと同じく自分でも治せるので、しっかりケアしていきましょう。

黒ニキビは白ニキビと同じく毛穴の詰まりなので、しっかり洗うのがいいですが、毛穴パックを使って落とした際は、毛穴がそのまま開いて、更に汚れや油が詰まるのでしっかり、肌を引き締めてふさぐのが大事です。

黄ニキビ

ニキビは黄色くなるのは、赤ニキビがさらに悪化して膿がたまってしまった状態です。膿が溜まって無理に潰そうとすると、跡ができやすく治りにくいので、できることなら皮膚科のお医者さまに相談をするのがいいですよ。

黄色きニキビは皮膚科のお医者様に相談したほうがいいですが、事前対策として、触ったりつぶしたりして刺激を与えないことと、髪や化粧で隠さないことです。黄色いニキビは刺激による炎症なので、一番は刺激を与えない洗顔をして、ケアすることです。

紫ニキビ

ニキビが紫に変色すると、皮膚科のお医者さまに相談したとしても、治療がかなに大掛かりなものになってしまうケースも。

ニキビが紫の場合は、膿が溜まったところに血が混ざって、赤ニキビより倍以上腫れるので注意が必要。紫ニキビを作らない為にも、正しいスキンケアをして対策をしていきましょう。

ニキビは紫色になってしまっては自分ではどうしようもなくなるので、皮膚科のお医者様に絶対に相談してください。でも、紫ニキビにならない為の前対策はできます。
ニキビが紫になる前に、まず初期段階の赤ニキビを作らない肌にすることが大事です。

ニキビに効く成分

最後にニキビがもうすでにできてしまったという方のためにニキビに効く有効成分の紹介をしておきます。

大豆イソフラボン

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンににた働きをしてくれるので、お肌の酸化をふせいでくれたり、更年期に起きる体の不調や心の不安を取り除いてくれるスーパー成分。女性の肌のハリを作ってくれます。

ビタミンC誘導体

ビタミンCとは違って、お肌により多く浸透する成分。ビタミンC誘導体は、お肌の油が余分に作られるのを抑えたり、炎症をおさえてくれる他に、毛穴もひき締めてくれるから、汚れもはいり込まなくなるんです。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸はご存知の通り、お肌にうるおいを持たせて、ガードしてくれる成分。お肌の深層部にある水分を逃がさい為にもヒアルロン酸は必要不可欠。

グリチルリチン酸

ニキビの炎症をおさえて、敏感な肌にも使える天然成分。ニキビに悩んでいる人の強い味方。抗炎症作用が強いために皮膚科でも使われているけど、使用量を間違えると副作用がでるので、注意が必要な成分。でも、市販で売られている物は副作用が出るほどいれてなくて、法律で決まった量しか入れて無いから安心して。でも、アトピーがある人はお医者さまに相談しよう。

植物プラセンタ

美肌にしてくれるアミノ酸やビタミンが豊富、植物由来だから安心して使える成分。ニキビ跡から綺麗な美白肌にするためには絶対必要で、疲労回復やホルモンバランスも整えてくれる魔法の成分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です