シミって種類があるの知ってた?シミ対処法もご一緒に紹介中

シミは生まれた瞬間から紫外線を浴びた量で決まると断言できるほど、代謝が落ちる30代、40代でシミの目立ち方が違います。

その他にも紫外線によってシミは出来方が違うので、シミの種類を知って、より良いケアの参考にしていただければ幸いです。

30代から40代の目立つシミ

30代、40代に目立つシミは、肝斑(かんぱん)と呼ばれていて、主に妊娠などの後に女性ホルモンが変動してる関係だとされているそうで、頬や額なんかに左右対称にできるのが特徴。レーザーで消せたりできるのがこのシミ。ケア時に気を付けて欲しいのが肌を擦り過ぎるとメラニンが増加したり沈着したりするから注意。

紫外線を浴びてできるシミ

紫外線を浴びすぎると、最初に皮膚が赤くなって、皮膚を守ろうとメラニンが活発に働くんです。その為赤くなったところから黒い斑点ができたりするのがこのシミ。特に胸や背中にできやすいんですけど、子供がこのシミになると、将来皮膚がんになる可能性が高くなるので、しっかり紫外線対策をするのが大事です。

類紫外線ダメージを記憶してできるシミ

紫外線のダメージを肌は記憶していて、30代からだんだんと広がって濃ゆくなるのがこのシミ。紫外線を多く当たる額やホホに多く見れて、長期戦のケアが必要。ビタミンCの多い柑橘系や鮭、オリーブ、アーモンドに多く入ってるビタミンEを採るのがいいですよ。

ニキビや炎症で出来るシミ

肌にできたニキビや炎症で出来たシミは数年で消えることが多いですが、中にはなかなか消えないシミがあるのが特徴。このシミを作らせない為には新しくできたニキビや炎症を抑える必要があるので、保湿や洗浄をしっかりしておくことが先決。いつまでもシミは残る場合はクリニックに行くのをオススメします。

ソバカス

ソバカスもシミの一種だって知ってました?遺伝的な部分が多きらしいんですが、5歳くらいにできはじめて、思春期くらいに紫外線を浴びすぎると目立ち始めるんですって。ビタミンCとビタミンEをしっかり取っていれば、抑えることもできるので小さい内から毎日食べさせてあげるのがいいですね。あと、紫外線対策と美白対策をしっかりするとさらにシミをおさえることができるのでやってみてください。

シミを作らせない為に

シミを消すために、最近はお気に入りのクリニックに行ってレーザーで綺麗に消せますよね。でも、腕が悪い逆にシミを濃くしたり、女性ホルモンが関係している30代から目立ち始めるシミにしか使えなかったりするので自然に治す方法がいいですよ。

ということでシミは前予防が大事。特に紫外線予防が大事で、良く日焼け止めや日傘等のUVカットグッズをつかって防いでいる人が多いですが、結構時間も手間もかかりますよね。ここからはシミに対する対処法を紹介していきたいと思います。

シミを作らせない為の食事を心がける

シミを内側からケアする為には食生活の改善が必要。シミに効果的な食材を毎日とることで、毎日、改善していってシミになりにくい体になっていくんです。

シミに効果的な食材で有名なのが、「トマト」トマトの中にあるリコピンがお肌の酸化を防いでくれます。

ただ、生で食べても美味しいですが、加熱することでリコピンの吸収率があがるので、トマト鍋にしたり、野菜スープに食物繊維たっぷりのキャベツとトマト、ビタミンが入ったベーコンとコンソメを入れるだけでも美味しく食べれるのでオススメです。

紫外線をカットしてシミ対策

シミは紫外線で、メラニンが増加したり酸化したり、新しく皮膚が再生されないで残る為におきるんです。だから、根本的に紫外線を防いでいかないといけないんですけど、中々大変ですよね。

年中紫外線は当たるので、毎日対策は必要ですが、毎日続けるとそのうち習慣になるっていいますので、根気よくやっていきましょう!一番いいのは外になるべく出ないことですが、主婦の方は特に無理なので、内側から防いでくれるUVケアサプリがオススメですよ。

基礎化粧を見直す

シミを作らせないためには基礎化粧も大事。特に保湿をしてあげないと皮膚のダメージがひどくなってシミ以外にトラブルを引き起こす場合も。シミやトラブルを引き起こさない為に、保湿は朝の洗顔後と外出前、夜は寝る前にしっかり塗り込むのが大事。

でも、塗り込もうとして、肌を擦り過ぎるとダメージになるので、優しくなでてあげてください。

おわりに

シミは若いうちからの対策が必須!今からでも遅くないので、将来シミを作りたくない人は為参考にしてみてくだい。シミが気になり始める30代の人は、自分のシミのでき方を把握して、よりケア出来ように参考にしてくだいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です