ビキニラインお手入れは済んだ?夏に向けての除毛対策

夏はとにかく彼氏や親しい人と、海にいって海水浴したいですよね!可愛い水着準備できてますか?あとは、ビキニラインのお手入れも念入りにしてるでしょうか?

意外と人に聞きにくい、ビキニラインのお手入れはなぜ必要なのか?今回はそんな疑問にお答えします。

ビキニラインとは?

ビキニラインを知っている人は多いと思うんですけど、知らない人の為に一応お教えしますね。ビキニラインは下着や水着をきていても、足の付け根からちょっとデリケートゾーンがはみでる部分。省略してVラインって言われてることもあります。

人には言いにくいですけど、たまにVラインからアンダーヘアがはみだしたりなんかして見た目が悪くなったりしませんか?

夏は海に可愛いビキニで遊びにいっても、Vラインの処理が甘めだと彼氏や異性の方、友達にも幻滅される可能性があるので、今からでもVラインの処理を初めてみませんか?

ビキニラインを綺麗にする理由

ビキニラインを綺麗にすることは、細菌や汚れをデリケートゾーンから守る為なのと、臭いをなくす為が大きいですが、アンダーヘアがごわついていると、せっかくの可愛い水着も下着も見た目が悪くなるので、いつもお手入れが大事なんです。

ビキニラインのお手入れ方法

ビキニラインのお手入れは下着からはみ出る部分をきるのではなくてカミソリかシェーバーで剃るか、ヒートカッターで焼くのがオススメ。

ハサミだと切った部分がチクチクしてかゆくなったり肌を痛めたりするから気を付けて。他にも、アンダーヘアをトリートメントしてあげるとごわつきを抑えてくれるから、水着や下着の見た目を悪くすることがなくてはみ出しもないから、一度やってみて。

ビキニラインの他にもお手入れは大事

ビキニラインの他にも下半身のお手入れは大事。特に、「デリケートゾーンの股下の位置であるIライン」と、「お尻の隠れた部分のOライン」はお手入れが大事。

カミソリでやりがちなデリケートゾーンだけど、場所によってはすごくかゆくなったりするので注意してね。自分ではできない場所の場合は、サロンやクリニックに行くと脱毛してくれるので、オススメです。

でも永久に脱毛しようとするとそれなりにお値段が高いので、自分にあったケア方法を見つけるのが大事ですよ。

ビキニラインを綺麗に見せるためにアンダーヘアの除毛法を紹介

ビキニラインと言えばアンダーヘアですがそのアンダーヘアを除毛するとき、失敗すると大惨事になって下着に擦れるだけでもヒリヒリしたりすごい痛みを感じたことはないですか?

アンダーヘアの内側の皮膚は体のどの部分よりもとてもデリケート。特に敏感肌の方はティッシュで擦っただけでもヒリヒリしたりしたことが多いハズ。特に日本人のお尻はデリケート過ぎて常に痔と戦うくらい切れやすいので、もし敏感肌だなっと感じている方がいれば、除毛する際にしっかり自分に合った方法を探さないといけないのです。

アンダーヘアの除毛で失敗しない為にも注意するポイントを把握していれば、痛みともかゆみともサヨナラできてより美しいビキニラインを作り出すことができるので除毛のポイントをまとめてみました。

シェーバーで除毛するときのポイント

アンダーヘアを除毛する際に、一番肌への負担が少ないのがシェーバー。アンダーヘアを除毛してかゆみや赤み、ブツブツができるのは肌ダメージが蓄積して起こるので、肌負担の大きい除毛クリームやワックスは肌の弱い日本人にはあまりよろしくないんです。

アンダーヘアの専用でシェーバーが売られているので、特に敏感な肌をお持ちの方は是非使ってみて下さい。

除毛クリームを使うときのポイント

アンダーヘアを除毛するとき、除毛クリームを使って全部抜くのが手っ取り早く、カミソリよりも早く手軽にできるので、使っている方が多いのではないでしょうか?アンダーヘアを除毛するときに使う除毛クリームは、実は肌への負担が大きくいつも使っていると敏感な肌の方は特に赤いブツブツや、下手をするとデリケートゾーンまでも炎症を起こすので、細心の注意が必要なんです。

除毛クリームでどうしても炎症が起きる場合はお医者様に相談を。予防策としては、除毛せずに低刺激の専用のクリームを使ってケアしていくこともできますが、オススメはアンダーヘア専用のトリートメントで毛を柔らかくするだけでも好印象を持たれるので一回ためしてみてください。

VIOラインを除毛するときのポイント

アンダーヘアを除毛するとき、VIOラインは特に気にしてカミソリで処理しますよね。VIOラインは特にデリケートな部分なので、カミソリ負けするとすごい痛みとかゆみがずっと続くので注意しないといけないんです。VIOラインを剃る時は、毛の流れに沿って優しく刃をなでてください。

何回もやりすぎると肌表面に傷がついて炎症を起こしたり、細菌が付いたりして病気にもなってしまうので、注意。

おわりに

夏こそ可愛い水着でアピールしたいあなた。「アンダーヘア」や「ビキニライン」のことなんてリアルでは人には聞けないけど、当サイトでも参考にしてモテ度をこっそり上げましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です