綺麗に日焼けしたい女子必見情報

綺麗に日焼けしたい!UVの仕組みを理解して日焼けをしよう!日焼けには、UVって言ってみんな知ってると思うけど、太陽から出る一番肌を浸透しやすい紫色の光が邪魔になるんだよね。

綺麗に日焼けしたい人はUVをうまくカットしないと、シミやシワになっちゃって、年齢より5歳以上に老けてみえてしまんで、UVについて、良くわかんない人に、ちょっと説明させてください。

UVは綺麗に日焼けしたい人の天敵で、太陽から地球にかけて光が届くんだけど、光っていうのは鏡とかでみれるんだけど、何千以上もの色に分けることができるんだって。
虹がいい例なんだけど、光の色はそれぞれ地表に届く距離ってちがくて、違うからこそ、人は目でいろんな色を見ることができるんだけど。UVはいろんな色で最も地表に届きやすいってワケなんです。

UVは最も地表に届きやすいからこそ、お肌の深層部分にも透過しちゃって、メラニンっていうシミ、ソバカスの原因を活性化させる効果もあるんで、絶対阻止しよう!

UVをうまくカットして綺麗に焼くコツ

綺麗に日焼けしたい!けど、UVをカットするには?日焼けしたいがUVが気になって焼けない!なんて最近思っている人大勢いますが、白い肌よりも女性は、黒方が映えるって知ってました?

黒は、引き締め色っていわれて、ほっそりした体系をよりほっそり見せてくれる効果があるんです。日焼けしたボディービルダーなんかがいい例で、筋肉をより綺麗に見せるためにあえて、黒く肌をやいてるんですよ。

日焼けしたほうが良いメリットは、他にもあって白い肌より麦色肌が健康的に見える!なんて、昔からいわてるように、エネルギッシュに見せることも出来るんです。
日焼けでUVをカットすれば昔からのイメージそのままで、違う自分に慣れることも可能になるんです。

UVをうまくカットするには、絶対的に日焼け止めが必須になるんですが、塗ったら日焼けした麦色にならないんじゃって思うでしょ?”日焼けは火傷と一緒”で表面を攻撃して、皮がむけたり、水ぶくれができるんで、ちゃんと日焼け止めを塗らないといけないんです。

綺麗に日焼けしたい人用にも日焼け止めクリームは売ってるんで、チェックしてみてください。

日焼けした皮膚は火傷といっしょ?

日焼けした皮膚同じは、実は火傷と一緒なんです。日焼けしたとき、ひどい場合は水ぶくれや、ヒリヒリするのは肌の表面にある細菌から守る組織が壊れて、細菌が入るから。

日焼けした皮膚がヒリヒリするのはバリアをうしなって、怪我をしてるよって脳がSOSを出しているからなんだ。アイスをたべて頭がキーンってなるのと同じ原理なんだって。

では日焼けでUVをカットして、ヒリヒリしない為には、どうしたらいいのか?日焼けしたい人の日焼けした後と前のケアが大事なんです!

日焼けしたい人のケアっていうのは、UVカットクリームをまず焼く前に塗ると思うんですけど、塗る前に保湿クリームでカバーすればヒリヒリしなくて済むんです。

日焼けの前に、保湿クリームを塗るのには秘密があって、日焼けした肌っていうのは、例えると、パリッパリに焼けた”鳥皮肉”なんです!鳥皮肉は水分を極限まで飛ばして甘ダレをかけると美味しいですよね。アレです。

日焼けしたい人の肌はパリッパリになって皮がむけやすいんで、乾燥肌につながってシミ、シワになりやすくなるんで、保湿が必要ってワケです。

と言うわけで、日焼けした後のケアで、皮がむけたりせず、綺麗に黒くできるんです。日焼けしたい人の後のケア次第で、未来の自分もシワシワのシミシミにならずに健康でカッコいい自分になれるのでぜひ参考にして下さい。

シミやシワを作らない為には?

日焼けすると時にシミ、シワを作らない為には、上でも言ってる様にUVを”カット”して”ケア”が絶対必要!だってシミや、シワって絶対作りたくないですよね?

日焼けして綺麗に黒くなると、むかしっから”健康的だね””かっこいいね”なんて言われてるけど。日焼けでケアなんて言われてなかったアラサー以降のおねぇさま方は今すっごくシミ、シワに悩んで苦労してるんで、今からシミ、シワに悩まない為にもケアしていきましょう!

日焼けする人のシミ、シワケアは極端に言うと”日に浴びない”のがいいけど、それじゃ焼けないじゃん!ってなるんで、シミの原因メラニンを鎮めることが重要。

シミは、皮膚の深層部分からメラニンが活性化して外へ外へ追い出そうと体が働くんだけど、おいつかなくて広がっていくんで、メラニンの活性化をとめるのが必要。

シミに最も効果的なのが”トマト”トマトには”リコピン”っていってメラニンの活性を抑えてくれる優れた食べ物なんです。トマト以外にも、赤色植物はリコピンが豊富に入っているっていわれてるんでオススメです。

シワは、皮膚がUVによって、細胞をどんどん成長させて衰たところに、ハリがなくなって皮膚細胞が垂れて行くと、シワシワになるっていうワケらしい。

シワの原理は、例えるなら、モヤシを育てたときに日に浴びないと弱弱しく白い葉っぱが出来るケド。日に浴びると青々しててぐんぐん育ってって、枯れたら茶色くなってシワシワになるっていう具合に、人間も同じことが起きてるってこと。

シワにならないためには、ハリつやを保ってくれて衰えを抑えてくれる”ビタミン”が必要なんだけど。メンドクサイよね。

日焼け後の赤み対策法

日焼けに失敗して赤くなったりすることもあります。完全に防ぐことは出来ませんが、ケア次第で、次の日に痛くなったり皮がむけたりするのを軽減することはできます。日焼け後の赤み対策を紹介します。

冷やす

日焼けはいわゆる、火傷。日焼けした後に赤くなったり、ピリピリするのは焼けた皮膚が外側の攻撃から守れなくなって、炎症している状態。炎症を抑えるにはしっかり冷やしてあげるのが大事。

日焼けした皮膚の下にある血管も冷やすことで、ピリピリも抑えられます。近場に氷水があればタオルをつけて、赤くなった肌を覆うように当てるといいですよ。

化粧水・乳液

日焼け後の赤みは炎症しているので、直に化粧水や乳液を塗ると悪化する可能性があるので注意が必要。肌をしっかり冷やして、綺麗にしたあとに消炎効果のある日焼け後用のローションか化粧水で保湿してあげましょう。ローションや化粧水を事前に冷やすと、さらに冷却効果がうまれるのでオススメです。

ワセリン

日焼け後の赤みがどうしてもひかない場合は、市販の白色ワセリンを買って、赤みがヒドイ場所に塗って、サランラップで塗った場所を覆ってください。ラップがよれて来たらとりかえるという具合に1日1から2回やってください。それでも治らなければ、病院へ行かれるのをオススメします。

かゆみ

日焼け後に赤くなってかゆくなりますよね、かゆみの原因は皮膚の水分が日焼けによって蒸発し乾燥したからなんです。かゆみを抑えるためには水分を補給して保湿してください。オススメは”馬油”を塗るとよくなりますよ。

保湿

日焼けした後は皮膚表面の水分が蒸発して乾燥するので、乾燥を防ぐために、日焼け止めを塗る前に保湿乳液か保湿クリームを塗るのをオススメします。

水分補給

日焼け後は内側も外側も水分が不足します。ついでに体の塩分もなくなるので、ダルさがきます。不足を補う為に塩分と水分をしっかりとりましょう。オススメとしては、生理食塩水か、スポーツドリンクを飲むといいですよ。スポーツドリンクには少量のドリンクに体の水分と同じ水分がはいっているので、よくからだの内側に循環するんです。

綺麗に日焼けするためのUVケア用サプリメント

綺麗に日焼けしたい!シミ、シワを作りたくない!って人にオススメなのが、最近話題のUVケア用のサプリメント。日焼けした後でも効果はそんなに変わらなくて、日焼け止めと一緒に併用すれば更に効果を発揮する優れモノのサプリメントが流行っています。

UVの影響が最も強いとされている果物の成分や最新の天然成分が入っていてUVをシミ、シワ、ソバカスや黒ずみからケアしてくれるみたい。女性に嬉しい無添加成分を使っているサプリメントも多いから安心できるんです。気になる方はショッピングサイトにレッツゴーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です