睡眠の質で効果が変わる!ストレスを軽減し美肌をつくる時間と恩恵

睡眠のゴールデンタイムを捉えて目指せ美肌!睡眠には、成長ホルモン分泌が著しい効果的な時間帯というものがあり、それを睡眠のゴールデンタイムといいます。

睡眠のゴールデンタイムを意識しつつ睡眠をとることにより、健康的で美しい素肌、そして女性らしい身体づくりに力強く貢献してくれますよ。その気になる睡眠のゴールデンタイムというものについて紹介していきましょう。

睡眠のゴールデンタイムについて

睡眠のゴールデンタイムは時間帯によって決まっているといわれています。それは22時~深夜2時の時間帯。

この4時間のゴールデンタイムの間に是非とも睡眠をとっておきたいところ。この時間帯は先ほど紹介したとおり、成長ホルモンの分泌が著しく、体や肌の修復・再生・構築が積極的に行なわれています。

小難しいことは抜きにすれば、この時間帯に寝るよう意識しておけば、美肌にまた一歩近づけるというわけですね。

実はゴールデンタイムに寝るのは非現実的

睡眠のゴールデンタイムは22時~深夜2時の間だと紹介しましたが、夜22時から床に就くなんて現実的にはちょっと厳しいものがありますよね。

24時に床に就くだけでもまじめだと言われる現代では誰しも夜更かししがち。そんな22時からなんて無理!という方達は、せめて睡眠時間と睡眠の質にこだわるよう意識しておきましょう。

最初の3時間にこだわろう

睡眠のゴールデンタイムに床に付くなんて無理ですから…。という方は、睡眠開始3時間の眠りの質にこだわりましょう。というのも、人は睡眠開始から3時間の間に、成長ホルモン分泌がピークに達するからです。

逆にこの3時間に質の良い睡眠の取れなかった方は、美肌をつくる機会を失ったも同然。睡眠前にテレビやスマートフォンなど、眠りの質を下げる行為は避けておくべきでしょう。

睡眠のゴールデンタイム、もしくは最初の3時間の眠りの質にこだわり、美肌を目指しましょう。

睡眠は質にこだわる

睡眠の質にこだわるという方法もあります。質の高い睡眠は、成長ホルモンの分泌が活発になるので、健康的で、若々しい、肌トラブルの無い美肌づくりに大きく貢献してくれるのです。

あなたが何気なくとっているその睡眠は、質の悪いばかりに睡眠をとっていないも同然の状況に陥っているのかも!?あなたは睡眠をとっているのにも関わらずこんな症状が出てはいませんか?該当している方は、睡眠の質が悪い可能性大です。

朝起きるのがつらい
疲れが取れていない
日中の異常な眠気
肌トラブルを招き易い
風邪を引きやすくなった
記憶力が悪くなった

睡眠の質を上げるには、睡眠の質を上げる工夫と同時に、睡眠の質を下げる要因も排さなければなりません。睡眠のゴールデンタイムに続き睡眠の質を下げる要因・睡眠の質を上げる方法について紹介していきたいと思います。

光源

睡眠時には、リラックス時に作用する副交感神経が活発になり、更に睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌がはじまります。

しかし睡眠直後のテレビやパソコンにスマートフォン、そして部屋の明かりなどが、目を刺激することにより、副交感神経やメラトニンの働きを阻害し、その結果睡眠の質を著しく低下させてしまいます。睡眠1時間前は光源で目を刺激することを避けましょう。

食事

睡眠時の体は、疲労回復、記憶の整理、身体の修復再生など、寝ているとはいえ、体中を血液がめぐりにめぐり大忙しの状態となっています。

しかしそこで、睡眠直後に食事を行なうなど、胃を働かせてしまうことで、体は胃にも血液を集中させたりと、身体の再生どころじゃなくなります。よって睡眠3時間前には食事を終え、胃を空っぽにしておく必要があるでしょう。

運動

睡眠時には副交感神経が活発になると説明しましたよね。しかし一方で激しい運動、筋力トレーニングをする際には、興奮作用のある交感神経が活発になります。

睡眠直後に運動をしてしまうと、この交感神経の働きが副交感神経の働きを邪魔してしまい、その結果睡眠の質を悪くしてしまいます。睡眠間近の運動は控えるようにしましょう。

睡眠の質を下げる要因その他

睡眠の質を下げる要因はあります。それはストレス。ストレスを過剰に溜め込んだまま睡眠に入ると、成長ホルモンの分泌を妨げてしまうので、できれば少しでもストレスを解消した後に眠りにつきたいところです。

他にも就寝前のカフェイン含有飲料は当然のごとく睡眠の質を下げる要因となります。睡眠6時間前からは飲むのを控えましょう。

睡眠の質を上げる工夫

睡眠の質を下げる要因を確認したところで、後は睡眠の質を上げる工夫についてかんたんに紹介します。これまでの説明で気づいた方もおられるかとは思いますが、ようは副交感神経を活発にし、メラトニンの分泌を促せば、質の高い睡眠が得られるということです。

例を挙げるとなれば、お風呂にて38度以下のぬるま湯で適度に体をあっためること。メラトニンの材料となるトリプトファンが多く含まれる牛乳を暖め、ホットミルクとして飲むこと。

ベッドルームを間接照明に切り替えること。たったコレだけのことで睡眠の質は格段に違ってきますので、是非試してみてくださいね。睡眠の質を上げ、成長ホルモンの分泌を促し、美肌を目指しましょう。

睡眠がもたらす恩恵

最後に睡眠がもたらす恩恵について。睡眠の効果を軽視しがちな現代人は、テレビにパソコンやスマートフォンなど、睡眠をそっちのけで夜更かししがち。睡眠時間を削ってまであなたが行なっているその夜更かしが、睡眠にて得られる恩恵の大部分を逃してしまっているのです。

その睡眠で得られる恩恵を紹介していきたいと思いますので、睡眠の重要性について再確認してくださいね。

ストレス解消

睡眠の効果1つ目はストレス解消です。近頃は生活習慣の乱れや仕事などで、比較的ストレスを溜め込み易い環境になってきています。過剰なストレスが人の興奮時に作用する交感神経を活性化させ、一方リラックス時に活性化する副交感神経の働きを弱くします。

その結果自律神経の乱れとなって、体調の悪化へと繋がります。それを予防するためにも副交感神経を活性化させることが重要になるわけですが、その副交感神経が極めて活発になるのが睡眠時なのです。そう、睡眠はストレスに効果的なのです。

疲労回復

睡眠の効果2つ目は疲労回復です。コレに到っては誰しも当たり前のように知っている事実でしょうが、睡眠を軽視しがちな方は、脳の疲れ、そして体の疲れが取れないまま次の日を迎えることになってしまいます。

成長ホルモン分泌の項目で触れますが、睡眠は疲労回復と共に体の修復・再生を行なう働きがある為、睡眠は疲労回復には欠かしてはならないものなのです。

成長ホルモン分泌

睡眠の効果3つ目は成長ホルモンの分泌です。睡眠開始から3時間の間にホルモン分泌が非常に活発になります。

成長ホルモン分泌は、健康的で若々しい肌・女性らしい身体をつくるのに不可欠のもの。美人はよく寝るという言葉がありますが、これは理にかなっているわけですね。美肌になりたいなら睡眠は欠かせないのです。

記憶の整理

睡眠の効果4つ目は記憶の整理です。睡眠は1日で得た記憶を整理し、記憶を留め、定着させる働きがあります。

学生で成績が良い人達は、睡眠時間を削らないということでも知られています。ちなみにアインシュタインは1日10時間を睡眠に費やしていたようですよ。

病気予防

睡眠の効果5つ目は病気予防です。睡眠時には積極的に新しい血液がつくれられ、骨髄では白血球、赤血球、リンパ液などが生産されています。そして血流や代謝を促進し、体の免疫力や抵抗力を高めてくれる睡眠は、わたしたちを病気から守ってくれる重要なものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です