白い肌の人ほど作られやすい?メラニン色素の事実

メラニンは、酸化するとシミになったり、黒ずみの原因に。でもそれは肌を守るために頑張った証拠なんです。でも、女性は特に気になりますよね。

メラニンは対策すれば防ぐことができます。でも、中には対策しても防ぎきれなかったりするのも事実。その原因は、元々メラニンがあるかないかなんです!

メラニン色素について

メラニン色素は様々メラニン色素について調べてみました。

肌質

メラニンが元々少ない人は、肌が白い人に多いんです。日差しから肌を守ろうとメラニンは活発になってどんどん増えていってシミになる。認識としてはこんな感じなんですけど、肌が黒い人は元々メラニンを多くもっているので、シミになりにくいんです。

メラニンを元々多くもっていると、よりメラニン作ろうしようとしないので、急にシミになるなんてことが起きないんです。逆に白い人は、急にメラニンが増加して紫外線にやられて酸化してシミになるから対策してもなりやすいってワケです。

紫外線

メラニンは、人の肌はを外からの紫外線などの攻撃から守ろうとする皮膚細胞。女性の大敵ですが、とっても大事な役割をもっているので、なくてはならいないんです!しかし、最近ではマスコミが警鐘を鳴らすほど、紫外線は強くなる一方。そこで、ケアが必要になっていくワケです。でも、メラニン対策は紫外線を浴びる前も大事ですが、浴びた後のケアの方がすっごく大事なんで、注意してくださいね。

日焼け止め

メラニンを抑えるための日焼け止めは実はそんなに防いでくれなかった!メラニンを増加する原因の紫外線を防ぐのに必要な日焼け止めクリーム。使い方を間違えれば紫外線を防ぐどころか、肌トラブルさえも引き起こしかねない事態に。しかも日焼け止め効果は1日中続くワケではなく、1日数時間程度。塗るのも面倒で1分程度の外出時にやらないなんてことをすると紫外線は容赦なく攻撃してきます。

シミ

メラニンの増加=シミって感覚の人多いと思いますが、シミは若い時にもできるんですよ。シミが目立つようになるのが30後半からなのは、代謝が落ちてシミの原因が体内にずっととどまっているから。20代でも隠れジミとして蓄積されているので、日頃から代謝を上げる習慣をつけるのが大事なんです。

おわりに

メラニンは体にとっては重要。でも増えすぎはちょっと。メラニンの驚きの事実を知っていれば、シミという大敵との付き合いは長いので、「大っ嫌い!早く消えて!」から、「まーしかたないよね、とりあえずシミにならないようにケアしよう」って気楽になれるので、参考にして頂ければうれしいデス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です