夏の日焼け対策間違ってない?正しい対策法

夏の日焼け対策を知っておこう!今、まさに、夏の日焼けの対策が最も重要な時期に突入しました!日焼けする夏だからこそ日焼け止めを使いたいケド、敏感肌で使うとすぐ赤くなったりかゆくなったり、沢山使ってるのに時間たつとすぐ黒ずんじゃったり、赤くなって次の日針に刺さったようにヒリヒリするなんて,毎年悩むひといると思うんですよね。

しかも、夏日焼け対策してないと服着てた境目がわかっちゃてみっともなくなっちゃうしなんてこともあって恥ずかしくなったり。夏の日焼け対策で、私も毎年悩むんですけど、女性は特にデリケートなのでその日のコンディションで変わったりして、昨日使った日焼け止めが合わなかったりするんですよね。夏の日焼け対策で、いつでも美白肌でいたい!そんなあなたに少しでも参考にしてもらえたらと、今回書き込みしていきます。参考までにどうぞ

紫外線には種類がある

紫外線は、本来、少し浴びるだけでは、害はほとんどないんですが、紫外線は、近頃、地球を有害な光から守るオゾン層の破壊が急激に進んでいるので、紫外線量が数年前よりも多くなってきているんです。

紫外線は、身体の中まで届く光なので、多く取り込むと皮膚を守る肌細胞がさらに活性化して、日焼けや、皮がむけたり、皮膚病なんてことに。紫外線を多く浴びている最近の人達は、昔の人と比べてリスク上がっているので、かなりの対策が必要なんです。

紫外線を少しでも防ぐには、肌を極力出さない対策をするしかないですね。でも、せっかくの夏なのに、可愛いワンピースとか短めのパンツとか肌露出めのを着たいですよね!紫外線をケアして、この夏こそ可愛い肌露出めの服が着たい人にオススメなのがコチラ↓

紫外線の種類UVAとUVB

紫外線には種類があるのを知ってますか?紫外線には2種類あって、UVAとUVBがあるんですけど、UVAは肌の奥まで透過して、ハリやつやを失わせて、肌をシワにしたり、メラニンっていって肌を守る組織を酸化させて黒くさせるんだって。

紫外線のUVAで酸化したメラニンは黒ずみの原因になるので注意。紫外線のもう一つはUVB。UVBは、お肌の表面を攻撃してメラニンを活性化させて、シミをつくるんだ。UVBは、シミを作る他にも、炎症をおこすからヒリヒリするのはこのUVBが原因。紫外線の種類をって、使う日焼け止めを決めるとより効果を発揮できるし、お肌に合うものも選べるので、ぜひ、知っておいてね。

紫外線を防ぐSPAとPA

紫外線の種類を紹介したので、次はUVBとUVAに効くSPAとPAについて紹介します。紫外線でシワを作る原因であるUVAを防ぐには、PAが最も有効とされていて、このPA値がプラスされていくごとに効果が協力になるんです。

紫外線のシミの原因であるUVBはSPAが効くんですが、SPAの値は15から50くらいの表記で売られているので、日焼け止めクリームを買う際は、PA(フォープラス)とSPA50の表記の載った商品をオススメしますが、人の肌はそれぞれ質が違うのでテスターなので試してみて赤くならない物を買うことをオススメします。

紫外線を外から防ぐだけではシミやシワは防げない

紫外線が原因で、シミやシワはできやすいですが、ケアするだけでは防ぎきれなかったり。紫外線でシミやシワを作らない為には、日頃からの食事も気をつけないといけないんです。紫外線で傷ついた肌は、外側で防いでいても時間が経つと効果を失うこともあります。

紫外線で、肌を傷つけない為にも、肌を守る細胞を強くしたり、傷がついた細胞を修復する力が必要なんです。紫外線で傷ついた細胞を、修復したり、守ったりするには、日頃の食事で栄養を補うことが、最適です。

日頃、食事は絶対するので、一品でも肌細胞を修復するビタミンやミネラルを多く含んだものを入れるだけでも効果は上がるので、試してみてくだい。

紫外線をより防ぐケアとは?

紫外線をより防ぐには、日焼け止めでは、そう簡単に防ぐことが出来ません。
紫外線の対策を既にしている人は分かるとおもいますが、なるべく肌の露出をさけ、日傘や帽子を被り、目にも紫外線の攻撃がくるので、サングラスなので覆う、といった重装備が必要になる。紫外線をより防ぐには、そんな重装備をする以外にも、身体の中から防ぐことができるんです。

紫外線を内側から防ぐ、最新の成分をしってますか?紫外線を内側から防ぐ成分とは、”ニュートロックスサン”ニュートロックスサンは開発に10年の歳月をかけて作られた天然成分で、特定の産地にしか採れないシトラス系の果物とローズマリーの葉でできているんです。

ニュートロックスサンは、紫外線を徹底的に抑えてくれるので、今注目されてるんです。紫外線を抑えてくれるニュートロックスサンは日焼け止サプリメントなどにも入っています。

今からでもまだ間に合う夏の日焼け対策

日焼ける夏、対策は今からでも遅くないんです!夏の日焼けが酷い紫外線からの攻撃は今からでも防ぐことが出来るのを知っていますか?夏の日焼けがすごいのは太陽と地球が最も近い距離にくるからで、太陽の光は植物を育てるにはいいのですが、人の肌はそれを良しとはしないんです。

夏に対策するからこそ”今”始めないと、未来のお肌が年齢よりも”20歳”くらい老けて見えてしまうんです。夏に日焼けした後で自分は日焼けしにくいし目立たないから大丈夫って油断してる人も実は目に見えない所でシミやシワ、黒ずみの原因は蓄積されてるんです!

夏の日焼け対策で今年から老けを防ぐ!夏でも日焼けしらずで、いつまでも女性は綺麗でいてほしいものです。

日焼けはお肌の大敵

夏の日焼け対策次第で未来のお肌は変化する。夏対策をしっかりしないと、シミ、シワになったり、黒ずんで余計老けて見えてしまうこの季節こそ女性の大敵!

日焼ける夏対策をしっかり行うことにより、紫外線で傷ついた表面の皮膚や黒ずみやシミの原因となるメラニンの活性化を抑えて、光によって老化を進めることを防ぐことが出来るんです。

夏の日焼けした皮膚は、表面の菌から守る細胞も壊していくので大人ニキビができやすくなったり、乾燥して小ジワの原因ともなったり、とにかく外からの攻撃がハンパなく女性にとっては大敵で、このままいけば未来の自分はシワッシワのおばぁちゃんなんてこともあり得るワケで、絶対なりたくないですよね。

夏の日焼け対策法をしっかり頭にいれることで、未来の美しい自分を維持したい!でも、夏対策ってどうしてたっけ?夏の日焼け対策、正し方法を下記で紹介致します。

皮むけを無理やりはがすな

日焼けでやりがちなのが、皮むけを無理やりはがすこと。海なんかで、日に焼けて皮がむけたりすると、気になってむき始めますが、これがNG!

日焼けでできた皮むけは自然に剥がれるものは大丈夫なんですが、無理にむこうとすると、ダメージが大きくなるので、注意。

日焼けした肌の皮はむけたりしますが、無理やりむくのではなく、はがれそうなのだけ、ピンセットやハサミなので綺麗に整えるだけで大丈夫。日焼けで皮がむけた跡は気になると思いますが、無理に触ると悪化するので、自然に治るのを待ちましょう。

安物の日焼け止めを使うな

日焼け止めを効果が大きいもので、安いのを選びがち。日焼け止めは、安いものでもいいんですが、肌性質も考えてあげないと日に焼けたり、肌がヒリヒリしたりと、効果がみえなかったりするんで気をつけてください。

日焼けをしない為には日焼け止めを自分の肌質に合わせて買うのをオススメします。
安価の日焼け止めでも、赤く日に焼ける人用と黒くなる人用もしくは両方等に、最近は分けて販売されているので、見極めていくのが得策です。

日焼けしない日焼け止めは、他にも使いたい場面などでも用途は様々で、SPFとPAが弱い日焼け止めはオフィスや近場の外出じに効果的です。SPFとPAが強い日焼け止めはレジャーや海水浴など最も紫外線が強いとこで発揮します。

正しい日焼けクリーム塗り方をすること

焼け止めクリームによって違うんですけど、お出かけ前1時間~30分前に塗る2日焼け止めクリームは大体500円玉くらいの大きさをムラなく顔に塗ります。

3日焼け止めクリームを顔だけではなく、塗り忘れやすい首周り特に後ろ首やあごの下、服で隠れにくいデコルテ(鎖骨あたり)や服を着ていても光は肌を透過するので、必ず服の隠れている部分をしっかり塗っていく。

4日焼け止めクリームの効力は約数時間だとされているので、2と3の工程をお昼休憩などで塗り直します。5外出後、日焼け止めクリームは肌の毛穴詰まりや汚れの原因となって逆に肌荒れや湿疹、かぶれにもなるので、しっかり洗い流してください。

室内対策をしっかりすること

日焼け対策は室内でも、本当はしないといけないんです。日焼けの原因であるUVはガラスをも通り抜けてしまう性質を持ったものもあるので、室内でも対策が必要です。

朝起きてカーテンを開けると、紫外線からの攻撃がすぐ始まるので、起きて顔を洗う人は洗顔後に化粧水と保湿をした後、必ず日焼け止めも塗ることをオススメします。朝、顔はぬるま湯でさっぱりっていう人も、日焼けはしたくないと思うので、ぜひ参考にしてくだい。

曇りの日でも日焼け止め対策をきっちりすること

日焼け対策は何時何時でも欠かせずしないと、シミ、シワの原因に。日焼け対策で、曇りの日は特に日が当たらないからダイジョブだと思っている人は危険ですよ。曇りの日は晴れている日に比べて紫外線量が、数倍上がるのでしっかり対策しましょう。

日焼けは曇りの日の方が断然なりやすいので、外出時はしっかり日焼け止めを塗り込んで行くと良いですよ。最近ではスプレータイプもあるそうなので、手軽にしたい人にはオススメです。

近場に行くときもでも日焼け止め対策をすること

日焼け止めは近場5分圏内だから別にしなくても良いような気がしますが、これもNGで、1分でも、紫外線は肌を攻撃してくるので、出かける前は絶対やっていた方がいいです。

日焼けは1分でも焼けてしまうので、外出時や朝起きた後はしっかり対策が大事。たかが1分でも、されど1分なので、簡単にでもいいので日傘やサングラス、肌を露出しなくてUVをカットできる服装をしていくことがベストです。

梅雨時からお肌のケアをすること

日焼け対策の時期的に、そろそろやらないとなーって思う梅雨。日焼け対策は、一年を通してしっかりっていかないと効果がでないので、梅雨時期から始めるのはホントはオススメしません。でも、肌の紫外線からの攻撃は今からでも防ぐことはできるので、しっかりやっていきましょう。

日焼けは365日一年を通してできます。日焼けの最もなりやすい時期は4月から10月辺りです。梅雨時期は6月辺りなので、少し遅いのですが、日焼けが原因で、シミやシワが出来たり蓄積されてしまうので、この時期からでも肌を守る対策が必要です。

日焼け止サプリメントを使ってみる

夏の日焼け対策で欠かせないのが日焼け止めクリームですが、日焼ける夏には紫外線をカットする為に表面のお肌を攻撃するUVAをカットするPAの強い物とお肌の深層部分のシミ黒ずみの原因となるメラニンを活性化させるUVBをカットするSPAの強いSPA50+のクリームを使ってケアしていたと思うんですケド、クリーム以外にもケア出来る商品が最近出来たんです!

新世代の夏の日焼け対策法!それは、夏対策サプリメント飲むだけの日焼け止め!夏の日焼け対策で飲むだけでUVケア出来るなんてスゴくないですか?夏の日焼け対策サプリメントだからこそ、水と一緒に飲むだけで効果が出て、しかも、外出した後からでもそんなに変わらないらしんです!

日焼ける夏にこそ、飲むだけサプリメントは今口コミなんかでも人気で、日焼け止めクリームと一緒に併用しても更に効果が上乗せされるんで、絶対焼きたくない人にもオススメなんです。しかも、サプリメントなんでお薬とは違って健康促進する安心商品だからこそ、試してみる価値アリなんじゃないかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です