半身浴で最大限の美肌効果を期待できる方法

半身浴の仕方を紹介。半身浴の効果を最大限引き出せる入浴法について紹介していきたいと思います。半身浴を早速開始する前に、ちょっとした下準備をしておきましょう。

半身浴する前に必要な準備

まずは半身浴中に飲むための常温飲料水を準備しておきましょう。脱水症状を回避すると共に、発汗を促す効果も見込めます。

体を拭くものとは別に、肩に掛ける用のタオルを準備しておきましょう。半身浴中に上半身が冷えないよう肩に掛けるためのものです。上半身の冷えは、半身浴で得られる効果を、大きく妨げてしまう要因になるからです。

半身浴を効果的に行なう手順

入浴する前に軽い運動・ストレッチを行なっておきましょう。半身浴時の発汗・脂肪燃焼を促進してくれます。それと併せて、コップ1杯程度の水を飲んでおきましょう。より発汗を促すためです。

ぬるま湯でじっくりと半身浴

準備が整ったら半身浴開始です。38℃~40℃の温度のぬるま湯で、みぞおち辺りから下まで浸かりましょう。上半身が冷えてきたらタオルをかけ、汗が出たら小まめに、準備しておいた水で水分補給をしておきましょう。時間にして20分以上はは入っておきたいところ。

湯銭に浸かっているときは、血流が促進され、リンパに滞りがちな余計な水分を排出しやすくなっています。なのでむくみに悩む方は、気になる部位をマッサージしてあげれば、むくみ解消にも効果的ですよ。

半身浴後に軽くストレッチ

半身浴後はたっぷりと汗をかいたと思うので、水分補給を忘れずに。体温が上昇し、体も柔らかくなっているので、再び軽くストレッチを行なっておきましょう。体をやわらかくしておく事で、代謝や脂肪燃焼に効率的な体になれるようですよ。

半身浴で注意しておきたいこと

入浴前に、お酒を飲んでいた場合、食事をしていた場合は、半身浴は控えるようにしましょう。飲酒後の入浴は心臓に負担を与える上、過剰な血流促進による立ちくらみを引き起こす恐れがあります。食後の入浴は消化を妨げる上、胃に血液が集中し、飲酒と同様立ちくらみの恐れがあります。注意しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です